カテゴリ:
スクリーンショット_2018-04-30_13-58-29
スクリーンショット_2018-05-01_10-30-28
スクリーンショット_2018-04-30_13-16-04
やはり出てくるのが早かったですね。Xubuntu 18.04 LTSベース高次元カスタマイズ・フランス産distro :Voyager 18.04 LTS・・。世界的にも人気の高いVoyager Linuxが、いち早く"Bionic Beaver"ベースとなってドーンと登場してきました。
オリジナル外観は今回随分変えてきましたね。どちらかと言えば、Ubuntu 18.04 LTSに近い配色での登場です。
スクリーンショット_2018-04-29_14-54-37
オリジナルの時計表示Conkyは日付部分が化けるため、化ける部分のフォントを日本語フォントに変え日付の配置を調整して上記のような時計表示Conkyに直していますが、これがほぼほぼVoyager 18.04 LTSのオリジナルデスクトップとなります。
さて今回は、Bionic Beaver" Xubuntu 18.04 LTSをスーパーカスタマイズしたVoyager 18.04 LTSの基本情報と、”ここは押さえる設定編”を投稿していきます(主には日本語化と基本設定となります)。実の所、Voyagerは設定が完了したからと言って簡単に使いこなす・・事はできません。慣れと仕組みの理解がある程度必要ですので、このあたりをそのうち応用編という事で投稿する予定です。
と・・いう事で投稿を進めていきます。

1.基本情報

1.1 サポート期間:〜2021年4月。これはUbuntu 18.04 LTSフレーバーとおんなじ3年です。

1.2 機能性:基本的に、"Bionic Beaver" Xubuntu 18.04 LTSと同じです(Pre-installは除く)。

スクリーンショット_2018-04-30_19-26-0a
スクリーンショット_2018-04-30_19-24-45
ちなみにカーネルは、4.15.0-20、Ubuntu 18.04 LTSと同様intel-microcodeは、pre-installの対象にはなっていませんので、必要に応じてインストールしてやる必要があります。

2.インストール&日本語化
インストールに関しては、Ubuntu 18.04 LTSと異なる点はほとんどありません。minimal installがないぐらいです。
スクリーンショット_2018-04-29_04-45-21
スクリーンショット_2018-04-29_04-46-00
スクリーンショット_2018-04-29_04-46-43
スクリーンショット_2018-04-29_04-46-59
スクリーンショット_2018-04-29_04-47-26



スクリーンショット_2018-04-29_04-48-47
スクリーンショット_2018-04-29_13-49-07
スクリーンショット_2018-04-29_13-51-13
上記スクリーンショットの流れでインストールは終わり。
次に日本語化ですが、これはいつものひと手間タイプ。けど難しいわけではありません。
まず設定マネージャーに入り・・
スクリーンショット_2018-04-29_14-14-17
言語サポートを選択・・。完全にインストールされてないのでインストールするか・・と聞いてくるため、インストールボタンを押下。
スクリーンショット_2018-04-29_14-14-50
メニューとウィンドウの言語は”日本語”がトップに来ているため、ここは触る必要無し。
上記アクションで、fcitx-mozcは導入ずみですが、IMの選択の箇所で、選択肢としてfcitxが出てこないため、言語サポートを閉じて、一旦logout/loginします。
スクリーンショット_2018-04-29_14-23-40
logout/login後、言語サポートを実行すると、IMの選択欄にfcitxが表示されるため、これを選択。
スクリーンショット_2018-04-29_14-25-09
言語サポートを閉じてlogout/loginで日本語入力可能となります。
スクリーンショット_2018-04-29_14-26-58
これで終わり。
次にKodiの日本語化ですが・・
スクリーンショット_2018-04-29_14-27-20
systemを選択し、interface settingを選択・・。
スクリーンショット_2018-04-29_14-39-57
まず、skinのfontsをarial basedに変更・・
スクリーンショット_2018-04-29_14-40-15
次にregionalに移り・・
スクリーンショット_2018-04-29_14-40-26
LanguageをJapaneseに変更・・
スクリーンショット_2018-04-29_14-40-46
ついでに文字セットもJapanese(shift-jis)に変更・・
スクリーンショット_2018-04-29_14-41-23
でもってKodiの日本語化は完了です。これもコツさえ覚えておけば簡単・・。
スクリーンショット_2018-04-29_14-42-29

2.基本設定
スクリーンショット_2018-04-29_14-42-29
まず上記のスクリーンショットのように、Kodi windowの左横のオリジナルConkyは日付部分やPM部分が文字化けしてて見苦しい・・という事で筆者は、PMとかの表示がいらない24時間表記とし、日付部分のフォントをtakao gothicに変更後、表示順番等を調整してとりあえず見苦しくない感じに調整〜。時間をかけずに見苦しくない程度に修正してます。
スクリーンショット_2018-04-29_14-54-08
ソースディレクトリは、~/.conky/conky/conky14/TimeFull。文字化け等が気にならない方はそのままで。
次にgnome- calendarがインストールされてて使えるようになってますが・・。google accountを登録できる機能がインストールされていないため、google calendarとの連携ができない〜・・。
ここは面倒なので、gnome-control-centerをインストールし・・そのまんまだと、gnome-control-centerは起動しないためターミナルから以下コマンドを実行・・(voyagerはデフォルトでgnomeサービスを起動していますので、下記コマンドを叩く事により、gnome-control-centerの起動が可能です)。
env XDG_CURRENT_DESKTOP=GNOME gnome-control-center
・・でgnome-control-centerが立ち上がるため、online accountとしてgoogle accountを登録・・
スクリーンショット_2018-04-30_10-52-24
でもってgnome-calendarもgoogle calendarとの連携が可能となります・・。
スクリーンショット_2018-04-30_10-53-57
今回、Ubuntu 18.04 LTSでのカレンダー機能のエンハンスの中でカレンダーの中に天気予報表示が可能になってるんですが・・以下のように表示されます。カレンダーでロケーション設定が行えるため、ここは確認要です。
スクリーンショット_2018-05-01_09-09-49
以上で基本設定は終わりです。

4. meldown/spectre対応
Ubuntu 18.04 LTSと同様、intel-microcodeはpre-installされていません。このため使用PCのCPUがintel-microcodeのspectre/meltdown緩和策適用対象の場合はこれを別途インストールしてやる必要があります(標準のrepositoryからインストールできますので、synapticや、aptコマンドで・・)。
筆者のPCのCPUはsandy bridegeですので、適用対象のため、intel-microcodeはインストールしました。でもってspectre/meltdown緩和策レベルは・・
スクリーンショット_2018-05-01_09-31-07
スクリーンショット_2018-05-01_09-31-36
という事で現時点での緩和策適用状況は◎です。
現在の筆者のデスクトップですが・・・
Conkyはpre-installされたconkyのうち、3種類を表示。
<Voyager Name>
スクリーンショット_2018-05-01_09-35-37
<Workspace Point>
スクリーンショット_2018-05-01_09-35-45
<Gotham>
スクリーンショット_2018-05-01_09-35-53
日本語表示が化けるものは日本語フォントにして文字列の並びを調整、他フォントもpre-installされているちょいかっこいいものに変更してます。
上記のスクリーンショットのように自分でソースを直さなくても、conkyの表示位置は調整可能。
pre-installされてるconkyは膨大な数なので、表示させてみて使いたいconkyを選択する事が寛容・・。
スクリーンショット_2018-05-01_09-44-52
スクリーンショット_2018-05-01_09-45-09
スクリーンショット_2018-05-01_09-45-24
スクリーンショット_2018-05-01_09-45-38
スクリーンショット_2018-05-01_09-45-53
このconky controlはすぐれものです。
voyagerを極めるためには、このconky controlを含む、Voyager Boxの使い方を極める事が必要です。
スクリーンショット_2018-05-01_09-49-23
とりあえず、今回はVoyager 18.04 LTSを普通に使えるようにするまでの投稿としました。
"Bionic Beaver" Xubuntu 18.04 LTSにスーパーカスタマイズを施したDistributionですので、面白さの点では他の追従を許しません。また安定度・軽快性も高く、pre-installアプリも十分です。若干、日本語化、他、設定で注意しなければならない所がありますが、18.04ベースとして見た場合、間違いなく筆者一押しの一本となります。非常におすすめ!ただし、どちらかと言えば玄人向けかも。
スクリーンショット_2018-05-01_09-55-39
スクリーンショット_2018-05-01_09-55-45
スクリーンショット_2018-05-01_09-57-02